生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

 酪農などの畜産施設では、牛舎の敷料として木質チップなどを大量に調達しています。生産した堆肥をこうした施設の敷料として供給できれば、価格、量とも、年間を通じて安定します。

 また、近年建設が増加しているバイオ発電施設でも、大量の木質資材を調達しています。こうした施設への販路開拓も、有効な手段となります。

堆肥の特徴別にみた適正な販路の検討

 戻し堆肥方式で生産している施設などで、生産した堆肥の含水率が低い場合は、牛舎での敷料または牛糞を堆肥化する際の副資材としての利用が可能です。戻し堆肥方式だと、発酵温度の上昇なども期待できます。

 木質系副資材の含有が多い堆肥の場合、バイオ発電施設での燃料としての供給も可能となります。ある程度粗い状態でも供給可能な点がメリットです。(堆肥の場合は、粒径がある程度細かい方が高く売れますが、バイオ発電燃料であればあまり関係ありません)この場合、堆肥の含水率と灰分が十分に低いことが条件となります。

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0