生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

 通気方法の改善によって、処理量の増加が図れるケースがあります。特に、
1)通気設備を有していない
2)通気の目詰まりが多い
3)通気管のピッチが広い
4)空気の通り道が出来てしまう
5)発酵温度が上がりにくく、冬になると温度低下が激しい
などの状況に該当する場合、通気改善により大きく処理量を増やせる可能性があります。当社では通気の改善について多数の事例がありますので、ぜひご相談ください。

堆積型発酵槽の通気改善

 堆積型発酵槽で通気設備を有していない場合、ブロワ等の通気設備を後付けで設置することは困難です。コンクリート表面から深さ4cm程度の位置に鉄筋があり(かぶり厚さ、と言います)、ブロワ配管の溝(一般的には10cm程度です)を施工することができません。この深さの溝を施工するには、コンクリートを一度はつって、再度のコンクリート打設が必要となり、施工費用が高額になります。

 当社の高圧通気システム、イージージェットであれば、深さ2㎝程度の溝施工で済みますので、現状の床面をはつることなく、コンクリートカッターによる溝施工だけで設置可能です。コンクリートの再打設に比べて費用も少なく、また工期も短くて済みます。また、既存施設を稼働させたまま1槽ずつ施工することも可能です。
 その他の通気の課題についても、さまざまな改善事例より、お客様に最適の解決方法をご提案いたします。

ロータリー、スクープ槽の通気改善

 ロータリー、スクープ型発酵槽で、温度の立ち上がりが遅い、原料が泥状化するなどといった症状が現れる事があります。ロータリーやスクープの特徴として、発酵槽内の原料の滞留時間が決まっているため、発酵初期の温度をいかに早く立ち上げるかが重要になります。イージージェットを部分的に導入することで、確実に温度を立ち上げ、発酵状況を改善することが可能です。
 また、短期間で施工が完了するため、既存施設の稼働への影響を最小限に抑えます。

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0