生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

 処理量を増やすに当たり比較的コストのかからない方法として、原料と副資材との配合を変えたり、副資材の種類を変更したりする方法もあります。ただし変更に当たっては、発酵への影響をよく考慮し、各種調査などの事前検討が必要となります。

原料と副資材の配合を変える

 原料と副資材の配合が適切でない場合、配合を適正なものに変更することで発酵状況が改善し、処理量が増加する場合があります。改善例として、発酵温度の上昇、発酵期間の短縮による処理量の増加などが挙げられます。

 発酵温度の変化などは、お客様ご自身で試験的に配合を適宜変えることで、コストを掛けずに簡単に確認できます。発酵期間の短縮については、当社で分解速度の計測などを行い、数値で確認したり、現場データに基づいて適切な配合のご提案をしたりすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

副資材の種類を変更する

 副資材の種類を変更することでも、処理量の増加を図れるケースがあります。特に副資材の全量を戻し堆肥利用されているケースでは、副資材の一部を木質系などに変更することで処理が安定し、発酵期間が短縮することで処理量増加につながった事例があります。

 どのような資材をどの程度配合するかは、原料の性状等によっても異なりますが、当社のバックデータ等から適正な副資材の運用方法をご提案することも可能です。また変更したことによる改善効果を数値化して確認することもできます。

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0