生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

 発酵工程や換気改善でも取りきれない悪臭については、脱臭装置の追加や見直しが必要になります。脱臭装置は大きく分けて、化学的脱臭(スクラバ等)と生物脱臭(バーク脱臭やロックウール、ガラス発泡など)があり、それぞれ性能や価格、ランニングコストや維持管理性、臭気適性などが異なります。

 脱臭装置は比較的高額な投資となりますので、施設の状況に応じた方式の選定、規模の算出、ダクトの構造やレイアウトなど、適正な脱臭設計が重要です。当社では、脱臭性能とコストのバランスに優れたガラス発泡方式による脱臭システム(ポーラスα)を推奨していますが、お客様の施設状況により適正が異なりますので、お気軽にご相談ください。

ガラス発泡方式導入による悪臭の低減

 ガラス発泡材を使った脱臭システム、ポーラスαは、鳥取県が取得した特許により生産したガラス発泡材を用いており、鳥取県中小家畜試験場にて開発した、生物脱臭方式の脱臭システムです。生物脱臭の中で最高クラスの脱臭性能を誇り、基材の交換が半永久的に不要など、維持管理性に優れた技術です。
 
 小規模から大規模まで適用範囲が広く、また養鶏や養豚、堆肥化施設などの高い原臭濃度にも対応できます。2m以上の堆積も可能ですので、設置面積の縮小を図れます。

既存の生物脱臭方式の改善

 ポーラスαは、既存の生物脱臭システムの交換基材としても使用可能です。既存施設の脱臭基材の一部または全部をポーラスαに入れ替えることで、簡単に脱臭性能を向上できます。

ポーラスαの詳しい解説

ポーラスαについての詳しい説明などは、以下のリンクからご覧いただけます。

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0