生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

 設備の改造や増設を伴わずに堆肥化の発酵温度を上げるのに有効な方法として、
1.熱量が高い資材、または易分解性の資材を添加する
2.副資材の配合や種類を変える
などの方法があります。

熱量が高い資材の添加

 一般的には廃白土などが良く知られていますが、防火対策など取扱に注意が必要です。廃白土以外にも米ぬかや廃糖蜜なども候補に挙げられ、地域性や輸送費を含めた調達コスト等を勘案して検討することが重要です。また、堆肥化工程に与える影響も事前に調査する必要があります。

 複数の資材で検討が必要な場合など、当社では小規模の事前試験を行うことも可能ですのでご相談ください。

副資材の配合や種類を変える

 原料と副資材の配合配合を適正なものに変更することで発酵状況が改善し、発酵温度が上昇する場合が多くあります。また、副資材の種類を変更することでも、発酵温度が改善するケースがあります。副資材の種類の変更とは、例えばモミガラをオガコに変えると言った変更のほか、含水率の低い副資材に変える、副資材の粒径を変える、などの方法があります。

 どのような資材をどの程度配合するかは、原料の性状等によっても異なりますが、当社のバックデータ等から適正な副資材の運用方法をご提案することも可能です。また変更したことによる改善効果を数値化して確認することもできます。

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0