生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

 副資材購入費が徐々に高騰していますので、使用量を減らすことで経費削減が可能です。ただし、単純に副資材を減らすと、発酵温度の低下、悪臭の発生、堆肥の泥状化や施設内への汚水発生など、発酵不全の特徴的な症状があらわれます。

 当社では、戻し堆肥利用を初めとした、コストダウンにつながる運用手法のご提案が可能です。

戻し堆肥の活用

 副資材の一部を戻し堆肥に変更することで、コストダウンを図ります。ただし、戻し堆肥を利用する上では、生産堆肥の含水率を一定にする必要があるなど、いくつかの制約条件が生まれます。当社では安定した処理がおこなえるような設備改善や運用手法の最適化など、豊富なバックデータに基づいたご提案ができますのでご相談下さい。

ScrollUp