生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

 脱臭装置は大きく分けて、化学的処理(スクラバや消臭剤方式など)と生物脱臭処理とがあります。特徴として、化学的処理の場合は薬液費が必要となりランニングが高額になる、生物脱臭の場合基材の交換に多額の経費がかかると言った点が挙げられます。

 当社ではガラス発泡材を利用した脱臭技術(ポーラスα)をご用意しておりますが、性能の経時変化がきわめて少ない上に、薬液を使用せず、基材の交換も不要になるなど、優れた特徴を有する技術です。脱臭装置のコスト削減をお考えのお客様はぜひご相談ください。

ガラス発泡方式(ポーラスα)による脱臭システム

 ポーラスα脱臭システムは、鳥取県が特許取得したガラス発泡技術を用い、鳥取県中小家畜試験場が開発した生物脱臭のシステムです。従来の生物脱臭と比べ、
1.高い脱臭性能を誇り、設置面積が少なくて済む
2.性能の劣化がほとんどなく、半永久的に基材の交換が不要
3.通気抵抗が少なく、電気代の削減が図れる
4.循環水利用により、排水が少ない
といった特徴を誇ります。生物脱臭装置の基材交換費や排水処理等の削減を図りたいお客様は、ぜひご相談ください。

ScrollUp