生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

 堆肥化施設内での作業を省力化することで、燃料費や人件費の削減を図ることが可能です。具体的には、
1.仕込み作業の省力化
2.切り返し作業の省力化
3.袋詰め作業の省力化
などの方法が挙げられます。

仕込作業の省力化

 一般的に、堆肥原料と副資材を混合する仕込作業は、重機(ショベルローダー)で行われることが多いのですが、作業時間がかかる上に均一に混合できないといった問題があります。当社で開発した「混合装置 Cモード」は、こうした仕込作業を省力化してコスト削減するだけでなく、処理物を均一に混合することで堆肥原料の表面積を広げ、発酵期間の短縮や堆肥品質の向上にも役立ちます。

切り返し作業の省力化

 切り返し作業を省力化することでも、経費削減が可能な場合があります。当社の「高圧通気システム イージージェット」は、ブロワの50-100倍の圧力で堆肥原料のすみずみに空気を均一に供給し、面倒な切り返し作業を低減する技術です。施設の運用方法に沿った適切なご提案を行いますので、ぜひご相談ください。

袋詰め作業の省力化

 一定数量以上の袋詰め作業には、袋詰め装置が便利です。お客様の堆肥の性状や袋詰めの数量、作業時間等に応じて、適切な機種をご提案いたします。

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0