生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

場所

福島県

処理物および処理量

トマト残さ(葉、茎、実) 45m3/日

概要

高含水率原料の堆肥化で、泥状化していた処理状況を、通気改善により発酵温度上昇、悪臭低減など実現した事例

実施策と効果

通気の改善による処理量の増加

ロータリー槽で泥状化していた高含水のトマト残渣を、高圧通気の導入によって発酵が安定し、処理量が増加しました

発酵不全の解消による悪臭の低減

高圧通気の導入により処理が安定し、悪臭が大幅に低減できました

通気の改善による発酵温度上昇

高圧通気によって、これまで30-40℃だった発酵温度が、60-70℃まで上昇しました

電気代の抑制によるコストダウン

従来のブロワ式から高圧通気方式に変更したことで、電気代30%削減できました

副資材の配合や種類の変更による堆肥品質アップ

副資材の種類と量を見直すことで、堆肥化処理が安定し、堆肥の品質が向上しました

カゴメ株式会社が出資する いわき小名浜菜園株式会社様に、トマト残さの堆肥化システムとしてイージージェットを採用いただきましたので、概要をご紹介します。
いわき小名浜菜園様は養液による栽培農場としては国内最大規模のトマト農場で、20ha(東京ドーム4個分)の広さを誇るハイテク菜園です。

同農場では“こくみトマト”のブランドで生食用トマトを栽培しており、年間生産量は3000トン。栽培の際に剪定する葉や茎の量は1日に40立米(5トン)にもなります。これら葉や茎はこれまでも堆肥化していましたが、トマト残さの含水率は90%と高いためなかなか発酵しづらく、堆肥のさらなる高品質化をどうするかという点が課題でした。

これまではロータリー型の撹拌装置と床面からのブロワ通気で堆肥化を行っていましたが、ブロワ通気は清掃などのメンテナンスが必要なうえ、発酵が安定しない点などが問題でした。そこで通気部分を当社のイージージェットに変更し、発酵期間の短縮と発酵温度の上昇を図ることにしました。利用開始後すぐに発酵温度が70℃以上に達し、現時点で堆肥化は順調に進んでいます。

さらに堆肥生産の際の電力使用量をこれまでより20%抑え、電力コストとCO2排出量の削減も実現しました。
トマトは他の水耕栽培作物と比べ、多量の残さ(茎や葉など)が出ます。当社では、こうした残さを効率よく堆肥化し、処理コストの削減をおこなうといったご提案を行っています。

なお、導入に先立って、社内試験施設にて事前の堆肥化試験を行い、そのデータを基にプラントのご提案を行いました。

関連記事

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0