生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

場所

京都府

処理物および処理量

生ゴミ(30店舗分)

概要

一次発酵で業務用生ゴミ処理装置、二次発酵で高圧通気を使用し、省面積&低コストで堆肥化している事例

実施策と効果

発酵不全の解消による悪臭の低減

業務用生ごみ処理機から発生する一次発酵物を、高圧通気を用いて堆肥化。好気発酵で悪臭を抑えます

通気の改善による発酵温度上昇

原料を好気状態に保つことで、高温発酵を維持します

省力化によるコストダウン

フレコンバッグを用いた簡易な装置で二次発酵。人手を掛けずに堆肥化し、コストダウン実現をしています

生ごみ投入の様子

N社様では、総菜などの調理の際にでる生ゴミのリサイクルを進めるため、循環システムを導入されました。
1日に発生する残さの量は約800kg。
これを調理場に備え付けられたポリ容器に入れて回収し、毎日生ごみ処理機に投入しています。
ごみの種類としては、野菜くずなどのほか、パンの耳などの食品残さも入ります。

N社様のシステムでは、自動反転機を設け、一次破砕をした状態で生ごみ処理機に投入しています。

この業務用生ごみ処理機は密閉構造で、一定の環境で撹拌しながら処理物を大幅に減要していきます。
取り出しはおよそ半年に一度の頻度で済むため、作業負担が少ないことが特徴です。

取り出した一次発酵物は、もみ殻などと一緒にフレコンバッグに投入し、イージージェットJr.を用いて最終製品(堆肥)に仕上げます。
フレコンバッグにイージージェットJr.を挿しこむだけで内部の温度が上昇し、堆肥化が進行します。
かき混ぜなどの作業が無いのでいやな臭気もありません。

堆肥内部は60度程度の温度に達し、中を掘ると放線菌で白く覆われています。
数日間、発酵した堆肥は、農地へ還元します。N社様の場合は、隣接するハウス内にフレコンを置いて、できた堆肥はそのままハウスで利用されています。

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0