生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

場所

福島県

処理物および処理量

トマト残さ(葉、茎、実) 45m3/日

概要

高含水率原料の堆肥化で、泥状化していた処理状況を、通気改善により発酵温度上昇、悪臭低減など実現した事例

実施策と効果

通気の改善による処理量の増加

ロータリー槽で泥状化していた高含水のトマト残渣を、高圧通気の導入によって発酵が安定し、処理量が増加しました

発酵不全の解消による悪臭の低減

高圧通気の導入により処理が安定し、悪臭が大幅に低減できました

通気の改善による発酵温度上昇

高圧通気によって、これまで30-40℃だった発酵温度が、60-70℃まで上昇しました

電気代の抑制によるコストダウン

従来のブロワ式から高圧通気方式に変更したことで、電気代30%削減できました

副資材の配合や種類の変更による堆肥品質アップ

副資材の種類と量を見直すことで、堆肥化処理が安定し、堆肥の品質が向上しました

農場から排出されたトマト残さ  農場横の堆肥上に運搬される

いわき小名浜菜園様の導入後の経過です。

いわき小名浜菜園様では1日に40m3のトマト残さ(主に剪定した茎、葉、季節によっては商品にならない実なども大量に入る)が排出され、これを20日間で堆肥化しています。

搬入したトマト残さはまず破砕機でカットされ、ロータリー撹拌槽に投入されます。撹拌槽の床面にはイージージェットが敷設され、発酵を促進します。青々とした葉や茎が好気性微生物によって分解され、翌日には温度が70℃以上に達し、数日間で茶色く変化します。本施設では20日間で堆肥化が完了し、完成した堆肥は近隣の農家や一般需要者に販売しています。

破砕したトマト残さ

トマト残さの拡大写真

発酵2日後の様子(温度は70℃以上)

撹拌槽の正面から

 堆肥中の酸素濃度

発酵に関するデータですが、イージージェット敷設部分は酸素濃度も良好な状態を示しています。(写真6)また発酵温度についても、冬期において70℃以上を記録しており、順調と言えます。

撹拌時の様子

当社ではイージージェットの納入後も、発酵データを菜園様と共有しながら定期的に訪問して運転に関するアドバイスを続けています。食品系残さのリサイクルの場合、その堆肥化のノウハウは家畜糞などとはかなり異なります。従って設置後の運転管理が非常に重要で、当社としてもとても力を入れている部分です。

いわき小名浜菜園様の場合12月訪問の際も発酵温度は70℃以上を維持し続けており、堆肥化も順調に推移しています。納入前は発酵温度も十分に上がらず、さらに発酵時の臭気などが課題でしたが、現在ではその両方とも解消しています。特に臭気に関しては、嫌気発酵特有の硫化系の悪臭がほとんどしなくなり、大きく改善しました。今後もフォローを続けながら年間を通じた安定稼働を維持していく予定です。

関連記事

ScrollUp

Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so' - Cannot open "/usr/local/lib/php71/20160303/imagick.so" in Unknown on line 0